ダイカットのキーホルダーでかわいいキャラクターがグッズに変身

Acrylic key holder

ダイカットのアクリルキーホルダーをお得に作成するのなら

アプリで簡単に漫画が読めるようになった今、オリジナル漫画というものも流行っています。インディーズの漫画家さんが単行本での利益を得ず、ちょっとした修行や練習としてオリジナルの漫画を描いている方も多いですが、いくらオリジナル漫画と言えど自分の絵が好きだと言ってくれる方はたくさんいらっしゃるでしょう。そんな絵描きさんにおすすめなのが、アクリルキーホルダーです。
アクリルキーホルダーはネット通販で簡単に自分の描いたオリジナルの絵でオーダー、注文することが可能です。オリジナルデザインのアクリルキーホルダーは小ロットからも注文を受け付けているところがたくさんありますが、大量購入をすることで一つひとつの料金がさらに安くなります。また、ダイカットで作成することも可能です。丸や四角の形でオリジナルデザインが描かれているのも良いですが、よりオリジナル性を出したいのであれば、ダイカットははずせない部分です。
アクリルキーホルダーを制作している業者では、ほとんどがこのダイカットでの作成に対応しています。さらに業者によってはこのようなダイカットのアクリルキーホルダーなどを制作するのに必要不可欠だった型代などが不要になっています。お得に、さらに質の良いオリジナルアクリルキーホルダーを制作したいのであれば、しっかり業者を比較して選んでください。

思い出の品にもぴったり!ダイカットアクリルキーホルダーを発注

昔から老若男女に愛されているアクセサリーといえばアクリルキーホルダーです。店舗にあるそれを購入するのもいいですが、近年ではオリジナルのアクリルキーホルダーをダイカットにして製作するケースも増えています。
ダイカットはアクリルキーホルダーをカットする手法の一つであり、定番の方法として知られています。そしてオリジナルのアクリルキーホルダーについてですが、こちらはデザインから自分で決めることが出来ます。オリジナルキャラクターを描いたり、ちょっとしたマスコットなどを描いたりし、業者へと送ることでそのデザインを基にダイカットアクリルキーホルダーを作ってくれます。
出来あがったそれは自分で使ってもいいですし、イベントなどで販売するのが一連の流れになっています。あるいは学校などの集まりで自分達のグループの証としてアクリルキーホルダーを製作し、思い出の品の一つとするということも珍しくありません。こういった注文は大量発注が基本と思われがちですが、個人での注文ケースも増えましたので、少数でも受けてくれる業者もたくさんいます。ぜひオリジナルデザインを基にして、ダイカットのアクリルキーホルダーを作ってみてください。

イベントで陳列されるダイカットアクリルキーホルダーについて

日本の夏と冬に開催される一大イベント。それぞれのサークルが商品を陳列しますが、そこにあるのはなにも同人誌ばかりではありません。版権キャラやオリジナルキャラクターのアクリルキーホルダーも陳列されています。大抵のものはダイカットで製作されていますが、これらは個人で作ったわけではありません。
ダイカットのアクリルキーホルダーの製作を行っている業者は各地にいます。サークルの人たちはデザインを描きあげ、その業者へとデータを送り、個数を決めて発注しています。もちろん業者のもとにわざわざ足を運ぶ必要はありません。今はネットの時代ですので、デジタルデータをネットから送り、個数を決め、決算して発注可能です。つまり自宅に居ながらしてオリジナルのダイカットアクリルキーホルダーを作ることが出来ます。
こうしたケースは近年需要が高まっているため、個人からの注文も業者は問題なく引き受けてくれます。少ロットから大ロットまで幅広く注文可能であり、もちろん大量生産すれば値段は安くなっていきます。出来あがったアクリルキーホルダーはイベントへと搬送し、多くのサークルファンの手元へと渡っていくことでしょう。かのイベントで見かけるアクリルキーホルダーはこうした流れで陳列されています。あなたも興味が出てきましたら製作依頼をしてみてはいかがでしょうか。


イベントで陳列されるダイカットのアクリルキーホルダーを短期間で大量発注するなら【フルプリワークス】に依頼してみてはいかがでしょうか。 国内最大級の自社工場、業界トップクラスの生産実績があるので安心して注文できますよ!

キーホルダーのチェーン

ピックアップコンテンツ

実は簡単!?オリジナルのキーホルダー制作!

丈夫で、気軽に色んな所につけられるアクリルキーホルダー。市販のものでも色んな種類がありますが、オリジナルデザインのキーホルダーが簡単に作成できると知っていましたか?サービスを行っている専門業者に…

記念行事の写真をキーホルダーにして持とう!

子供が産まれると、百日、ハーフバースデイ、一歳のお誕生日、七五三、と様々なイベントやお祝いの度に写真を撮ります。アルバムにしてとっておき、後に見るのももちろん良いですがそのまましまっておきしばら…

TOP